F.W.S.

古着を買う時、

何に一番こだわりますか?

年代、ブランド、状態など、

こだわり所は色々あると思います。

本日は、”サイズ”にこだわってみました。

 

まずは、定番のM-65。

●70’s U.S.ARMY M-65 フィールドJKT

size:XSmall-Regular

price:¥7800(+Tax)

02

定番だからこそ、自分のサイズ感で着たい。

むしろ、サイズ感を間違うと、絶対カッコ良く着れないのが、

M-65かもしれません。

個人的にM-65のシルエットが一番美しく見えるのが

XS-Rだと思います。

ショートだと短すぎる。

Sだと肩幅が大きすぎる。

XS-Rで、裾を絞った時、理想のM-65になる気がします。

もちろん体型は様々なので

体型にあったサイズを選ぶのが一番良いわけですが、

単純に物として単品で見た時の”形”は、

XS-Rが一番キレイだと思います。

 

 

ブラスジッパー、ドローコードはゴムタイプです。

03 04

ストラップがなくても長さ調節ができる、

↑この結び方が知りたい方は、スタッフまで。

練習させておきます。

 

75年のコントラクト。

状態、抜群です。

05

01

 

シレっと首に巻いたのは、実はプリントネル。

●50’s ピルグリム プリントネル

size:M

price:¥9800(+Tax)

06

袋襟、フラップなしポケット。

ピンクと緑のいかにもフィフティらしいカラー。

07 08

こちらもサイズ感抜群です。

形もキレイ。

 

続いて、同じくフィフティ乗りなレオパードJKT。

●60’s レオパードJKT

size:about 36

price:¥25800(+Tax)

11

めちゃくちゃクールなレオパード柄。

もちろん、サイズ感が素晴らしい。

09

フロント棒タロン、

ポケットは涙型タロン。

12 13

インナーはブラックのキルティング仕様です。

50年代の物だと、

肩パットが入っているものが多く、尚且つショート丈。

それは、それで、そういう着方もありなんでしょうが、

やはりこの位着丈が長くて、肩がスッとしている方が、

違和感なく着こなせます。

 

最後は、どちらもインナーで合わせたタイガー迷彩。

10

まさかの豹に虎のコーディネイトです。。

 

●60’s タイガーストライプ シャツJKT

size:about 36

price:¥35800(+Tax)

14

大柄のテッドポールパターン(多分)

程よく褪色した黒部分が、紫がかった墨黒になっています。

101空挺師団のパッチは後付けだと思います。

15 16

大きすぎたり、小さすぎたりする物が多い、

タイガー迷彩ですが、

これは本当に良いサイズです。

 

せっかくなので柄のアップを。

17

 

……………………………………

お問い合わせ先

laboratory/berberjin R

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=hl

pop

 

staff募集