LABRAT BOUTIQUE

 

弊社では、

昔から毎月月末に

納会というものをやっていまして、

スタッフ全員でご飯を食べに

(お酒を飲みに?)行くわけです。

 

月の売り上げ発表や、

来月の目標なんかを

皆で話し合うわけですが、

普段なかなか全員で話す機会はないもんで、

スタッフ同士がコミュニケーションをとれる

とても良い会だと思っています。

 

 

昨日もそれがありまして、

タイミング良く来日していた

NYのSupremeクルーも

飛び入りで参加してくれました。

109

 

ピーターとザック、

気さくなナイスガイです。

 

とても刺激的な

楽しい夜になりましたが、

やっぱり英語は勉強しなきゃですね。。

 

で、

先月出来なかった

コニーの誕生日のお祝いも。

108

 

おめでとう、

遅れてごめんね。

 

 

というわけで、

本日は二日酔いだからという

理由ではありませんが、

オンラインストアはお休みさせて頂いて。

 

朝からflotsambooksの小林さんと

MTGがあってアツくなったので、

久しぶりに本をご紹介致します。

 

 

まずはこちら。

01

 

RITA PUIG-SERRA COSTA : WHERE MIMOSA BLOOM  ¥5,250

 

 

スペインの写真家、

Rita Puig-Serra Costaのファースト写真集

「WHERE MIMOSA BLOOM」です。

 

これは、

リタが彼女の母親の死の苦しみや悲しみを

巧みに賛辞や賞賛を視覚的に写真を使いながら

別れの手紙の形式でまとめた写真集です。

 

母の死に対するこの回顧録は

メモや個人的な品々を挟みながら、

愛や喪失、

悲しみに対する魅力的で

魅惑的な談話を形成しています。

 

「WHERE MIMOSA BLOOM」は彼女が、

彼女の母親に関する重要な役割を果たした場所、

オブジェクトや人々の写真を撮る

過ごした2年以上かけて

収集と資料をキュレーションした

作業の結果です。

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

 

正直、

初めに流してみた時は

何とも思いませんでした。

 

 

でも、

これが彼女の母の死に対する

回顧録だと知って見ると、

どんどん心に入ってくる。

 

単なる木の写真でさえ、

それは母との思い出が

あったものなのでしょう。

 

写真は単純にインパクトがあったり、

お洒落であれば良いものではない。

 

”その先にある見えないもの”を

感じることが大切。

 

写真家が写真家たる所以、

それは目に見たものから

見えないものを引き出す行為だ、

って誰かが言ってたな。

 

 

ともかく、

何を想って撮った写真なのか、

それを知ることって大事だと思いました。

 

写真に限らず、

全てのアート、洋服においても。

 

 

続いて、

22

 

SERGIO ROMAGNOLI : A DROP IN THE OCEAN  ¥6,500

 

 

1994年、

37歳の時に殺されたイタリアの写真家

Sergio Romagnoli(セルジオ・ロマリョーニ)が

70年代、80年代に撮っていた写真をまとめた写真集

「A DROP IN THE OCEAN」です。

 

視覚障害児のための孤児院で

ボランティア活動を行うために

中央アフリカの西海岸オフギニア湾の

小さな島国に住んでいた時に起こった

悲劇です。

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

 

この写真集にも、

“その先の見えないもの”を

見ることが出来ました。

 

そして、

51

 

IPG PROJECT : すみません : SUMIMASEN  ¥5,400

 

 

New Yorkをベースに活動する

IPG PROJECTのファースト写真集

「すみません : SUMIMASEN」です。

 

東京在住のポルノ女優

Mayuraの日常を撮りながら、

彼女の顔を仮面で隠す事によって、

アイデンティティの概念を問いかけます。

 

プライバシーやアイデンティティは

自らの顔を隠したり、

晒したりする事ではなく、

その人の行動の中にある。

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

64

65

66

67

68

69

70

71

 

個人的に、

滅茶苦茶好きな写真集です。

 

ここまでは

Editions du LICから出版されたもの。

やっぱり良い出版社だなー。

 

お次は

72

 

TODD JORDAN : HAROLD HUNTER   ¥3,240

 

 

ラリー・クラークの映画

「KIDS」の出演などで知られる

今は亡きスケーター、

Harold Hunter(ハロルド・ハンター)の

生誕40周年を記念して

New Yorkの出版社 Pau Wau booksから

出版された写真集「Harold Hunter」です。

 

写真はスケーターでもある写真家、

Todd Jorda(トッド・ジョーダン)。

74

73

75

76

77

78

80

79

81

 

彼らは好きだし、

写真も良いんだけど、

同じような写真が多いのが

ちょっと残念。

 

 

そして、

待望のこちらが届きました!

82

 

flotsambooks小林さん監修による

記念すべきファーストZineです。

 

国内、海外問わず

小林さんと親交ある、

様々な写真家の作品を掲載。

 

小林さんらしい

ジャンルに囚われないミックス感が

超クールです。

 

しかもフリー!!

83

84

85

86

87

88

89

90

91

92

93

 

部数にかなり限りがある為、

LABRAT BOUTIQUEにて

本をご購入頂いた方に

差し上げたいと思います。

 

何卒ご了承下さい。

 

 

そして、

こちらも新刊がリリースされました。

94

 

common&sense man : ISSUE 17   ¥1,080

 

 

世界15カ国28都市で販売されている

東京発信のインターナショナルファッションマガジン、

common&sense

 

今回もモード全開、

相変わらずカッコいい雑誌です。

 

 

その中でも

個人的に気になったもの。

 

大友克洋さんの息子、

SHOHEIをピックアップ。

96

95

 

全く服を見せる気が無い、

Dior hommeの写真。

97

 

ヴィトンのモデル、

いい感じだな。

98

 

いつもありがとうございます。

99

 

そして、

本以外の入荷もご紹介。

100

 

「EVERYTHING SEXY」をテーマとし、

エロティックな題材をわざと “セクシー” ではない

シチュエーションに置くこと によって、

これまでのエロティックなものを取り扱う雑誌とは

別の角度から “セクシー” について提案する、

ドイツ発の新雑誌『TISSUE』。

 

以前発売され、

ずっと完売していたトートバッグが

再販されました!

 

¥2,160也。

101

103

 

Tシャツもあります。

 

M~XL展開、

こちらもお求め易い

¥3,024

1531

0615

0916

 

HUFも続々新作が入荷中です。

 

ボックスロゴ。

106

 

タバコ柄

104

 

ヌード

105

 

FUCK IT !

107

 

皆様のご来店をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

Online Store

 

 

 

 

 

 

 

…………………………………

お問い合わせ先

FUNNY WEAPON STORE

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=h

 

ピーター♪

111