LABRAT BOUTIQUE

 

 

本日は

久しぶりに写真集の

ご紹介を。

 

今月の

flotsambooks

セレクトテーマは

“ファッション”です。

 

まずはこちら。

01

 

 

● JUERGEN TELLER MARC JACOBS / MARC JACOBS ADVERTING 1998-2009  

 

 

 

Juergen Teller(ユルゲン・テラー)が撮った

1998年から2009年まで

MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)の

広告キャンペーンの写真を

全てを収録した写真集。

 

写真のクオリティは勿論、

モデルセレクト、

シーズンごとに熟考してるであろうテーマ、

全てのセンスの良さに脱帽。

 

メゾンブランドの中でも、

ここまで遊びのある

広告を撮っているブランドは

他に無いと思います。

 

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

 

 

続いて、

前回即完売した

こちらが再入荷。

502

 

 

● CORINNE DAY : MAY THE CIRCLE REMAIN UNBROKEN

 

 

 

90年代初頭に

フォトグラファーとして

キャリアをスタート。

 

グラマラスでセクシーな

女性像を常としていた

ファッション界で、

被写体のありのままの姿を

映し出すリアル・ドキュメントの

ファッションフォトを確立するなど、

後続の写真家達へ

多大なる影響を与えた

イギリス人フォトグラファー、

Corinne Day(コリーヌ・デイ)の作品集。

 

2010年8月27日の死去後

初めての作品集として、

デイの夫で映像作家の

Mark Szaszy(マ ーク・サージー)、

「GIMPEL FILS GALLERY」のオーナー

Jackie Halliday(ジャッキー・ハリデイ)、

「MOREL」の Aron Morel(アーロン・モレル)、

そしてデイの長年の親友であり

ミューズであった

Tara St. Hill(タラ・ヒル)による

共同編集のもと、

約3年の構想期間を経て発行。

 

2013年に

「GIMPEL FILS GALLERY」で

行われた回顧展

「May The Circle Remain Unbroken」を元に

構成された本書では、

初公開となる

初期の作品群に加え、

写真家としての大躍進を遂げた

1987年~1996年の作品を

中心に収録。

 

その多くは

ロンドン・ソーホーにある

デイのフラットで

日常的に撮られた

友人たちのスナップショットである。

 

タイトル名は

デイが好きだったバンド

「The 13th Floor Elevators」の

曲名から取られ、

タイポグラフィーを

「時計仕掛けのオレンジ」や

「博士の異常な愛情」の

題字を手掛けたことでも有名な

Pablo Ferro(パブロ・フェロ)が

手掛けた。

 

Los Angels County Museum of Art

(ロサンゼルス美術館)の

写真部門長を勤める

キュレーター

Charlotte Cotton(シャーロット・コットン)と、

ライター

Glenn O’Brien(グレン・オブライ エン)による

エッセイを収録。

581 512 522 532 542 552 562

591 601 611 621 631 641 651 661 671

571

681 691 701 71

 

 

その他、

良い写真集が沢山

入荷しています。

 

是非、

実際手に取って

見てみて下さい。

 

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

…………………………………

お問い合わせ先

LABORATORY/BERBERJIN®

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=h

Instagram → http://instagram.com/laboratory_berberjin_r

http://instagram.com/labrat_tokyo/

staff2 2015