F.W.S. Hand Knit

昨日の雪が、

ウソのような晴天です。

ステキなハンドニットがまとまって入荷してきました。

01

 

まずは、アランセーターと言えば、真っ先に思いつくこちらから。

02

●インバーアラン 3A

size:about 36

price:¥15800(+Tax)

05

歴史は30年と、意外に浅いものの、

もはや、アランニットと言えばインバーアラン。

その卓越したニッティング技術は他を圧倒しています。

08

一人のニッターが最後まで編み上げるため、

サイズ感、編み方などに微妙な差が生まれます。

まさに、一点モノのニットウェアー。

07

ボタンの光沢が良い。

最近の物は白木でさらっとしていますが、

個人的にはこのオイルで揉んだような質感が好きです。

06

クルーネックタイプの4Aも人気がありますが、

襟付きの3A、やはりカッコイイです。

04

 

アウターは、

●blackmeans ニットライダース

price:¥118000(+Tax)

09 10

アランセーターと、完璧にハマりました。。

ボタン+ジッパーって良いですね。

03

 

 

つづいて、こちら。

14

●アイルランド アランセーター

size:about 36

price:¥7800(+Tax)

27

先ほどのインバーに比べると、かなりローカルなブランド。

実は、アイルランドにはアランセーターの

ローカルショップが沢山あります。

↓こんな感じの可愛いお店で。

38623034837

元々アランセーターと言う位なので、

やはりアイルランドが発祥。

(ちなみに、インバーアランはスコットランド。。)

アイルランド製の立体的なハンドニット。

柄の一つ一つに意味があるそうです。

15

ジャストサイズでバチッと着ると、

その保温性に驚かされます。

 

アウターは、こちら

●blackmeans 道着JKT

price:¥42000(+Tax)

12 13

固めの道着JKTに、

柔らかいハンドニット。

相性抜群です。

11

 

 

最後は、こちら。

19

恥ずかしながら、最近知りました。

この深めのVネック+ライン入りの形を、

”チルデンセーター”と呼ぶそうです。

由来は、

tumblr_mfssgqVenk1rd58hso3_500

1920年代に活躍したアメリカのテニスプレーヤー、

ウィリアム・チルデンが愛用していたから。

つまり、

20年代の古いチルデンセーターも存在するという事。。

それは気になる、。

ちなみに、ラルフや、ブルックスなど、

アイビーリーグ御用達ブランドでも定番として、

ラインナップされています。

 

と言うわけで、うんちくが先行してしまいましが、

古めのチルデンセーターが入ってきました。

●40~50’s POST HORNチルデンセーター

size:about 40

price:¥7800(+Tax)

20 21

ホワッとした、緩めの編み方。

着心地抜群です。

22

 

そんな優しいニットには、

大きめのライダースがハマります。

16

●80’s ファンシーライダースJKT

size:about XL

price:¥29800(+Tax)

23

どこがファンシーかと言うと、

タグです。

26

見た事ありません。。

素晴らしいデザイン。

ディテール、革質も良いので、

ちゃんとしたブランドだとは思いますが、詳細は不明です。

24 17

ニットの上に着れるサイズのライダース。

海外のストリーススナップを見ていると、

もはや当たり前のコーディネイトですが、

まだまだ浸透していない気がします。。

もったいない。

是非お試し下さい。

18

 

……………………………………

お問い合わせ先

laboratory/berberjin R

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=hl

pop

 

staff募集