L.B.R

老舗和菓子屋の、生菓子とか、

舶来の高級な洋菓子などは、

出来る事なら、毎日食べたい所ですが、

さすがにそういうわけにもいきません。

結局は、駄菓子が一番しっくりきます。

むしろ、コンビニで買う駄菓子が好きです。

 

洋服も、実際の所そうかもしれません。

それこそ”デイリーウェア=普段着”に落ち着くわけです。

 

でも、量販店の服じゃヤダ。

と言う人のための普段着を、本日は。

01

 

70’s Robert Bruce モヘアカーディガン エンジチェック 表記(M)

4a

モヘア率20%

毛足の長いモヘア好きにはちょっと物足りないかもしれませんが、

80%アクリルのジャガード編みは、耐久性あり。

モヘア特有の、引っかき傷、穴も出来にくく、

気を使わず毎日着れます。

エンジ色の大きめチェック。 サイズ感も◎

02

 

デイリーウェアと言えば、デニム。

70’s Levi’s 505 シングル ”8”ボタン 濃紺 表記(34×30)

6a 6b

久しぶりに、こんなに良い505を見ました。

スモールeのシングルステッチですが、

間違いなく、BIG-E生地の余りを使っているはずです。

8番工場、イエローステッチ、スレキスタンプ。

ディテールは限りなくBIG-E。

むしろ、タブが取れていたら、BIG-Eと言っていたかもしれません。

そして、表記34×30という、プラチナサイズ。

絶対良い色に成長すると思います。

毎日履いて下さい。

03 04

 

ネルシャツも欠かせません。

80’s ラングラー ウェスタンネル! ターコイズ 表記(15L)

5a 5b

ネルシャツフリークの間では昔から、”ないない”と言われている、

ネル生地のウェスタンスタイル。

フロントがスナップボタンなので、軽いアウター感覚でも羽織れます。

そして、黒×ターコイズのめちゃくちゃ良い色。

ちょっとボロイですが、この雰囲気は悪くありません。

05

 

 

続いて、

06

 

40’s Wind Ster ウールシャツ 赤×黒 マチ 実寸(S位)

1a 1c

こちらは、ウールシャツ。

とりあえず、”タグ”が良いです。

古着好きなら、このタグだけでお腹いっぱいだと思います。

マチの位置が左右で全然違ったり、

フロントにスナップボタンが手縫いで付けられていたりと、

素朴でリアルな、デイリーウェアです。

7

 

そして、やっぱり501と言う方に、

70’s Levi’s 501 前期 紺 ”8ボタン” 表記(34×32)

2a 2j

8番工場の66前期です。

501の、66前期で、6番、16番工場以外は中々レアだと思います。

こちらも、間違いなくBIG-Eの余り生地を使っていると思われます。

ザラついた縦落ち感は、手に取れば一目瞭然です。

スレキスタンプ、イエローステッチと、ディテールも古い。

そして、表記34×32。

これこそゴールデンサイズ。

501のシルエットが、一番美しく見えるサイズかもしれません。

股に破れがあるので、控えめのプライスを付けました。

リペアをすれば、問題なく毎日履けると思います。

08

 

足元は、VANS。

VANS ダスティン・ドリン ノースクール 表記(11)

3a 3e

スニーカーこそ、消耗品。

シューグーは嫌い。

雨の日も気を使わず履きたい。

とくれば、現行モデルを選ぶしかありません。

むしろ現行スニーカーに良いのいっぱいあります。

こちらは、ダスティン・ドリンのシグニチャーモデル。

丸っこいシルエットの、ノー・スクール。

ネーミングもクールです。

09

 

 

よろしくお願い致します。

Online Store



 

……………………………………

お問い合わせ先

laboratory/berberjin R

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=hl

pop3