L.B.R.

”エアー”と言えば、

エアー・ジョーダンに始まり、

エアー・あやや、

エアー・ギターと種々様々あると思いますが、

的場が思いついたのは、

”エアー・トリック”でした。

スケボーの板が目に浮かぶようです。

●タイトル:::『エアー・トリック ”オーリー”』

04 05

 

 

さ、というわけで、

本日も古着のご紹介です。

まずは、こちらから。

60’s ヘインズ ”パジャマ” シャツ クロス 実寸(M位)

4a 4b

前回入荷時もすぐに売れてしまいました。

パジャマ界のキング、ヘインズ製のパジャマシャツです。

上質なコットンに、センスの良いプリントデザイン。

大きめボタン、リラックスシルエット。

すべてが完璧。

タグの雰囲気も抜群です。

03

 

インナーのTシャツは、

80’s POWELL ”トミー・ゲレロ” 表記(S)

5b

80年代、POWELLの専属ライダーとして、

ボーンズ・ブリゲードの主要メンバーであったトミー・ゲレロ。

最近は、ミュージシャンとしての才能も発揮する多才な芸術家。

まだ、10代の頃のシグニチャーモデルです。

サイズS。

80年代、オールドスクールのリアルスケーターはこのサイズ感でした。

XLをだらしなく着るのもカッコいいですが、

逆に新鮮なピチピチサイズ。

スケート=大きめ、と言う最近の常識に楯突きましょう。

02

 

パンツは、デニムのカットオフ。

60’s Levi’s 501 BIG-E カットオフ 表記(W31)

6a 6d

BIG-Eショーツ。

股下は、長すぎず、短すぎず。

どちらかと言うと、66に近いライトブルーな色落ちですが、

しっかり入った縦ラインは、インディゴデニムならでは。

01

ハイソックスに、ラルフのローファー。

 

続いて、こちらもパジャマシャツから。

50’s Jayson パジャマシャツ ヌードスモーク 実寸(L位)

1a

バーガンディボディのセクシーな1枚。

パイプから燻る、スモークをよく見てみると。

1e 1c

ヌードレディが隠れています。

アメリカ人が好きな隠れヌード。

迷彩は見かけますが、こんなセンスの良い隠れヌードは中々見つかりません。

しかも、古い。

1b

ボックススタイル、袋襟で、

パジャマの形じゃなかったら、倍以上の値段が付くと思います。

07

 

インナーのTシャツはこちら。

94’s Counting Crows オフィシャルプリント 表記(L)

2a

Counting Crows。

日本では馴染みの薄いロックバンドだと思いますが、

アメリカでは根強い人気があるそうです。

西洋の手相占い図がオーバープリントされたデザインは、

一見ではバントTっぽくない新鮮さ。

06

 

パンツは、真っ紺のカットオフデニム。

70’s Levi’s 684 カットオフショーツ  真っ紺 表記(W32)

3a 3c

この濃さで、切る理由が分かりません。

501の野暮ったいポケットや、

505みたいに大きすぎるポケットでもなく、

646、684、606系の鋭角なポケットの形が、

ショーツにピッタリだと思います。

ぶっちゃけ、カットオフするなら646、684、606がオススメです。

08

 

よろしくお願い致します。

Online Store



 

……………………………………

お問い合わせ先

laboratory/berberjin R

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=hl

pop305 04 03