L.B.R.

久しぶりに、

マニアックな内容からスタートします。

7f

お気付きでしょうか。

ERDL=Engineer Research & Development Laboratories

いわゆる、リーフ迷彩です。

ベトナム戦争を代表するカモフラパターンであり、

数ある迷彩の中で、最も美しいと評判のリーフ迷彩。

実は、2種類存在します。

(正確に言うと染込みの具合でもっと細かく分けれるようですが)

・グリーンリーフ

・ブラウンリーフ

です。

その名の通り、ベースのカラーが緑か茶色の違いがあります。

当初、グリーンは低地用、ブラウンは高地用とか、

グリーンが前期、ブラウンが後期など、諸説存在しましたが、

近年の涙ぐましいコレクター様の貴重な情報ですと、

ミルスペックによる、色指定はなかった事が判明しました。

つまり、軍の方では同じ迷彩として扱われていた事になります。

ゆえに、こんなモノが存在するわけです。

 

69’s U.S.ARMY ジャングルファティーグJKT ミックスリーフ! 表記(S-R)

7a7b

前身頃が、グリーンリーフ、

後ろ見頃、袖、ポケットフラップが、ブラウンリーフの、

いわゆる【ミックスリーフ】です。

縫製工場のオバちゃんが遊びで作ったのか、

あるいは単なるミスだったのか、

謎は残されたままですが、

明らかに意識して分けたようなミックスも存在する事から、

私は、”オバちゃんの遊び説”を支持したいと思います。

もちろんパンツにも左右で完全に分かれたミックスリーフが存在します。

まだまだ、面白い軍モノが沢山ありますね、。。

是非、探してみて下さい。

本店の加藤曰く、「マジでないっす。。」

との事です。

 

ちなみに、LC-1(BUDジャケット前期)タイプで一度復活するリーフパターン。

その時には、グリーン+ブラウン+LC迷彩という3種類のミックスリーフが存在します。

うーん、。実物を見てみたい。。

 

 

さ、というわけで、気持ちを切り替え、

”いつもの3人”のご登場です。

01

懐かしの90年代古着屋スタイル。

やはり落ち着く往年のユーズドミックスです。

 

まずは、的場から。

02

90’s Sore Throat UKクラストコア! 表記(M)

4a

UKクラストコアの重要バンド、ソアスロート。

凶悪なグラフィック。

バックもクールです。

03

 

パンツは、まさかのスリット入り、ベリーショート・ショーツ。

60’s Levi’s 501 BIG-E ベリーショート・ショーツ 実寸(W31.5)

9a

ぶっちゃけ、女性の方が履いてください。。

的場で、この丈&スリットはちょっと無理があったかもしれません、。

05

 

キャップはこちら。

レッチリ 刺繍ロゴキャップ 実寸(内径57㎝)

5b

存在感抜群のレッチリロゴ刺繍キャップ。

何故か目が行く、クールなデザイン。

04

 

シューズは、

VANS×Hosoi ファーストモデル ライジングサン! SkHi 表記(9.5)

6a 6d

ファーストライジングサン。

ちょっと使用感が目立ちますが、US9.5という良いサイズ。

ショーツに完璧なマッチングです。

 

 

続いて、こちら。

完全に90年代のユーズドスタイルです。。

06

 

60’s デニムぺインターパンツ 実寸(33×31)

8a

履きこまれた、デニムぺインター。

生地も薄くなっているので、

これからの時期に最適。

サイズバランスが魅力的です。

08

 

Tシャツは、レアな白×白ラグラン。

80’s ディズニータグ ミニー 白×白ラグランT 表記(L)

3a

ディズニータグのミニーちゃん。

白ボディは意外と少ないかもしれません。

メンズが着れる嬉しいサイズ。

07

 

最後は、黄色×アーミーパンツ、

こちらも往年の古着スタイルです。

09

 

90’s USA製 鉄人28号 銀ラメ 表記(L)

1a

90年代半ば、日本のアンダーグラウンドカルチャーが

海外で正当に評価を受け始めた時期、

AKIRAを筆頭に、アメリカで作られたジャパンアニメT。

逆輸入と言う形で、

当時から、スケート・ハードコア好きの間で人気の高かったアイテムです。

デビルマン、攻殻機動隊と並び、

鉄人28号もかなり人気がありました。

US企画ゆえのグラフィックのクールさ。

今見ても、めちゃくちゃカッコいいです。

10

 

シューズは、こちら。

マルコム×Supreme×VANS 蛍光オレンジ 表記(10)

2a

Supreme×マルコムマクラーレン×VANS。

豪華なトリプルネーム。

発売当初インタビューで、

マルコム自身がオレンジをチョイスした事から、

やはりオレンジが一番人気があったと思います。

11

 

 

よろしくお願い致します。

Online Store

 

 

……………………………………

お問い合わせ先

laboratory/berberjin R

03-5414-3190

11:00~20:00 無休

通販可能です。

……………………………………

facebook → http://www.facebook.com/laboratoryberberjin?ref=hl

pop3